ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 面河山岳博物館

面河山岳博物館

印刷用ページを表示する2021年4月21日更新

\ Facebookページ<外部リンク>にて最新情報を更新中です /

(ブログ面河山岳博物館へようこそ!<外部リンク>は2019年5月6日をもちまして更新を終了いたしました)

 

令和4年度、収蔵資料展「標本~地域の記憶をつなぐもの~」が始まります!

案内チラシが完成しました。→案内チラシ,令和4年度収蔵資料展「標本」 [PDFファイル/1.44MB]
期間:令和4年10月1日~11月27日
 近年、当館に寄贈のあった標本のうち、愛媛県や面河渓の自然の姿を記録した哺乳類、チョウ、植物などの標本約2000点を公開します。
 多くは普通に見られる種ですが、地域の自然を語り継いでいく上では重要な証拠標本となります。また、今ではほとんど見ることができない種など、標本が残っていることで自然環境を復元できる貴重な標本も含まれています。地域の記憶を未来につないでいく「箱舟」のような博物館の取り組みをご覧ください。

令和4年度の特別展、第55回特別展「自然観察の小技・スゴ技・裏技~100円グッズと身近な道具で自然を調べよう~」は終了しました。

昨年度は感染症対策のため実施できなかった特別展が帰ってきました!
実施内容についてはこちらの サイト をごらんください。

 

◆ご来館の皆さまへのお願い◆

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご来館の皆さまにお願い申し上げます。

(1)咳や熱など体調にご不安のある方はご来館をご遠慮ください。

(2)マスクの着用をお願いします。

(3)入口および館内に設置している消毒液で手指の消毒をしてください。

(4)他のお客さまと2m以上の間隔を保ってください。

(5)混雑具合によっては入館制限を行いますので、ご協力ください。

(6)次のことについての対応は規模や内容により実施の判断をいたします。事前にご相談ください。  

  1.職員が対面しての説明、対応

  2.団体のお客さまの受け入れ

 


◆ふるさと納税返礼品について

面河山岳博物館、町立久万美術館、久万高原天体観測館では、久万高原町へのふるさと納税の返礼品として「三館のペア入館券とミュージアムグッズ」を販売しています。

さとふる<外部リンク>
さとふるTopページ
※(「さとふる」とは、ふるさと納税を推進し、地域活性化を促進するための総合サイトです。)


◆面河山岳博物館のご案内

約3,000点の資料からなる常設展示では、石鎚山系に生息する動植物や岩石、石鎚山岳信仰・登山史などを紹介しています。また、この地域の資料収集(館蔵品の数は約50,000点)・調査研究を進め、年3回の企画展や季節に合わせた自然観察会や昆虫教室などの教育普及活動もおこなっています。​

面河山岳博物館のご案内
開館時間 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
休館日 毎週月曜日、祝日の翌日(月曜日が祝日の場合は開館し、火曜日が休館)
12月~3月の土曜日・日曜日・祝日(冬期営業のため)
年末年始、展示替期間中(詳しくはお問い合わせください。)
観覧料 一般300円、小中学生150円
※20名以上の団体は50円割引
※65歳以上の高齢者は半額(年齢を証明できるものをご提示ください)
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の所持者及びその介護者1名は半額
※夏季は特別料金の場合あり
連絡先 愛媛県上浮穴郡久万高原町(かみうけなぐんくまこうげんちょう)若山650番地1
Tel: 0892-58-2130 Fax:0892-58-2136
設備

駐車場10台、身障者用トイレあり、エレベーターなし

※夏の特別展は当館2階の企画展示ブースで開催しております。現在のところ、当館にはエレベーター及び階段昇降機の設置がないため、特別展示ブースへは、階段を利用していただく必要があります。そのため、車イスをご利用の方、ご高齢者の方には大変ご不便をおかけしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。なお、車イスの運搬など、ご介助が必要な場合は前日までにお電話でご相談いただければ、対応させていただきます。

 

Get Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)