ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

夜の講座

面河山岳博物館 夜の講座

 平日の夜、仕事帰りや夕食後の空いた時間に、気軽に地域の自然科学を学んでもらう機会として、夜7時からの約60分間という比較的短時間の講演会を実施しています。

 内容は久万高原町や石鎚山系、愛媛県といった地元の範囲に限った生物に関する話題が中心です。講師は当館学芸員が担当することもありますが、より幅広い話題を提供するため、主に県内の若手研究者や博物館職員、大学教員などに登壇してもらっています。

 一般の方がなかなか情報を得ることができない、地域の自然史研究成果について学ぶ絶好の機会です。

過去の夜の講座一覧(平成25年度から平成31年度まで) [PDFファイル/904KB]


令和2年度 夜の講座一覧

 

開催日

内 容

場 所

人数

講師

1

6/24

面河渓に咲く花

久万高原の晶洞鉱物の話

産業文化会館研修室

36

博物館学芸員

地域おこし協力隊員

2

7/29

理科室の宝物~博物館と学校をつなぐ学校収蔵標本~

産業文化会館研修室

26

稲葉正和(県立高校教員)

3

12/11

昆虫の起源と進化~卵の中を調べて分かること~

産業文化会館研修室

21

福井眞生子(愛媛大特任講師)

参加者合計:83人

 

夜の講座「花と鉱物」 理科室の宝物

昆虫の進化

 

Get Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)