ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町立久万美術館 > 展覧会 > 久万美アート・ドキュメント01

久万美アート・ドキュメント01

印刷用ページを表示する2017年10月19日更新

過去の企画展一覧

久万美アート・ドキュメント01

絵画のwaltz(ワルツ)―吉田淳治展

趣旨

久万美術館では「久万美アート・ドキュメント」というプロジェクトを立ち上げ、現在、県内および近県に制作の拠点を置き、精力的に活動する作家や県出身の若手アーティストに目を向けた展覧会を開催します。本展は、そうした試みの第1弾です。

宇和島に生まれ、宇和島に住み、絵を描き続けている画家・吉田淳治(1951―)。吉田の作品は、絵画表現の根源的な要素である地・図(色をもった形)から成り立っています。

一般に、絵画を構成する要素には、形式や素材、そして表現されるものとして主題があります。吉田はカンヴァスに油絵具という最小限のフィールドの中で、地と図、そしてその接点に形をもって表れる境界により、豊かな表現を溢れさせます。それらは、まるで3拍子できざまれるwaltz(ワルツ)のように、私たちにさまざまな絵画の様相を見せてくれます。

本展では、油彩・水彩・ドローイング約100点を展示。吉田の軌跡をたどるとともに、海岸や河川敷で拾った漂流物などを素材にしたオブジェの魅力も多数ご紹介します。

宇和島という空間から生まれた静かで壮大な絵画のwaltz(ワルツ)をお楽しみください。

吉田淳治01の画像吉田淳治02の画像

吉田淳治(よしだ・じゅんじ)

1951年 愛媛県宇和島市生まれ
1970~76年 東京にて制作
1976年 帰郷。以後、宇和島市にて制作。東京・名古屋を始めとして、個展多数開催。
吉田淳治ホームページ:http://junji-yoshida.webhop.info/<外部リンク>

基本情報

展示

油彩・水彩・ドローイング約100点、オブジェ約30点

主催

久万高原町・町立久万美術館・愛媛新聞社

後援

南海放送 テレビ愛媛 あいテレビ 愛媛朝日テレビ FM愛媛 愛媛CATV 宇和島ケーブルテレビ 宇和島市 宇和島市教育委員会

助成

芸術文化振興基金

会期

2011年7月30日(土曜日)~9月21日(水曜日)

開館時間

9時30分~17時(入館は16時30分まで)

休館日

月曜日(ただし、9月19日(祝日)は開館)

観覧料

一般800(500)円、高大生500(400)円、小中生400(300)円
※( )内は20名以上の団体、高齢(65歳以上)、障害者手帳(身体障害者手帳・精神保健福祉手帳・療育手帳)提示の際の割引料金 。 また、障害者手帳提示の場合、付添い1名も()内の額に割引。
※前売り券は7月上旬より県内プレイガイド等で発売開始

※会期中は当館館蔵品の展示はございません。ご了承ください。