ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町立久万美術館 > 展覧会 > コレクション展22年度3回目

コレクション展22年度3回目

印刷用ページを表示する2017年10月19日更新

過去のコレクション展一覧

H22久万美コレクション展3

古茂田守介没後50年 絵画の間(あいだ)-油彩と素描

芦ノ湖の画像壺二つの画像

趣旨

戦後の愛媛を代表する画家・古茂田守介(こもだ・もりすけ/1918~60)。今年(2010年)はその没後50年にあたります。それを記念して、久万美コレクション展3「古茂田守介没後50年 絵画の間-油彩と素描」展を開催します。

1918(大正7)年、愛媛県松山市に生まれた古茂田守介は、兄・公雄(きみお)の影響で絵を描き始め、やがて猪熊弦一郎(いのくま・げんいちろう)や脇田和(わきた・かず)に認められて本格的に絵画制作を始めました。戦中から戦後にかけて、画壇の流行であった抽象表現を主とするモダニズム絵画とは一線を画し、一貫して具象絵画の可能性を探求し続けました。しかし、1960(昭和35)年、生来の喘息のため42年の短い生涯を閉じます。

当館には、素描を中心に古茂田守介の作品が103点(油彩6点・素描95点)所蔵されています。素描家としても高く評価される守介ですが、一般に、素描は油彩などの下絵として副次的な扱いをうけることが多々あります。しかし、守介は膨大な裸婦や静物の素描を油彩同様の扱いで残しており、それらのほとんどにはサインが記されています。このことから守介自身が素描を大切にしていたことがうかがえます。

では、油彩と素描で表現されたものが同じかといえば、やはりそうではありません。古茂田の油彩は、人物や事物そして背景が面的な量塊をもって表現されることで、画面全体が一つの立体であるかのような実在感をもっています。一方、線でもって描かれた素描は、余白との関係から一つの実在感を生み出しています。古茂田にとって、油彩と素描の関係は、制作過程の痕跡を確認するものというよりもむしろ、異なる表現方法として両者を捉えていたのではないでしょうか。そして、この二つの表現は、時に交わり、時に遠ざかり、古茂田芸術の世界を広げる役割を果たしたものと考えられます。

油彩と素描-その間に広がる無限の地平、それは絵画そのものの可能性を指ししめすものなのかもしれません。そんな「絵画の間」に〈誘う〉のが本展覧会の目的です。

出品数約30点

古茂田守介(Komoda Morisuke/1918-1960)

1918年、愛媛県生まれ。37年、上京し猪熊弦一郎・脇田和に師事する。40年、新制作展入選、46年、新制作展新作家賞受賞。50年、新制作協会会員に。毎日連合展・アンデパンダン展・国際具象派美術展などに出品。

その他の展示

洋画では、日本の近代洋画を代表する高橋由一や浅井忠の作品をはじめとして、大正・昭和初期の前衛画家・村山槐多や萬鉄五郎らの作品を、日本書画では、三輪田米山ら伊予の書画を展示。その他、近世から近代にかけての砥部焼を展示します。

会期

2010年11月6日(土曜日)~2011年1月16日(日曜日)