ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

大雨、台風時における注意

情報をチェックして、素早い判断と「命を守る行動」を

毎年、6月初めころの梅雨入りから秋にかけて、梅雨前線や台風などの影響により多くの雨が降ります。
​大雨や台風のときは、テレビ、ラジオ、インターネットなどを活用し、最新の情報に耳を傾けて、ご自身やご家族の命を守るための最善の行動をお願いします。

 

雨や風が激しいときは外出しない

激しい雨が降っているときや風が強いときは、雨風が弱くなるまで外に出ない。
特に、雨漏りやアンテナの確認のため屋根に登ったり、田んぼの様子を見に行ったりしない。

増水した河川や水路には近づかない

雨が降っていなくても、河川や水路が増水しているときは、河川や水路に近づかない。
近くの河川の上流で豪雨や長雨が続いている場合は、急な増水もあるので、十分に注意する。

冠水している道を歩くときは足元に注意

冠水した道は歩かない。
どうしても冠水した道を歩かなくてはならなくなった場合は、マンホールの蓋が外れていているなど危険箇所が多く、それらが見えないため、杖のような棒で足元を確認するなど慎重に歩くこと。

夜になる前に避難

暗くなってからの大雨の中での避難は危険。早めの段階で避難すること。