ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健福祉課 > 高齢者の在宅福祉サービス

高齢者の在宅福祉サービス

印刷用ページを表示する掲載日:2017年10月19日更新

介護が必要な方や、ひとり暮らしの方、また何らかの支援を必要とするお年よりの方に対し、要介護状態にならないための介護予防施策や生活支援サービスを提供することで、お年よりの方が永年住み慣れた地域社会の中で引き続き生活していくことを支援し、生きがいと社会参加を促進するとともに、社会的孤立感の解消や生活の質の確保、自立生活の手助けを行います。

久万高原町では、お年よりの方の生活支援、要介護状態の予防や生きがい活動支援、お年よりを介護している家族に対しての支援等様々なサービスを提供しています。

久万高原町における高齢者在宅福祉サービス
区分 サービス名 内容 対象者
生活支援 「食」の自立支援
(配食サービス)
定期的に居宅を訪問して、栄養のバランスやカロリーを考慮した食事を提供し、安否確認を行う。
1食500円負担
在宅の概ね65歳以上の一人暮らしの高齢者、高齢者のみの世帯及びこれに準ずる世帯並びに身体障害者であって老衰、心身の障害及び傷病等の理由により調理が困難な方
外出支援サービス リフトバス等を使用して居宅から医療機関等との間の送迎を行う。
利用者負担は無料(一月あたり往復3回まで)
概ね65歳以上の高齢者で一般の交通機関を利用することが困難な方及び下肢が不自由な方であり要介護認定調査の障害高齢者の日常生活自立度においてB・Cと判定された方
はり・きゅう施術費助成 医療保険対象外のはり・きゅう施術を受けた場合、1回につき1,000円、1ヶ月に3回を限度に助成する。 65歳以上の方及び身障者手帳3級以上を所持している方
家族介護支援 在宅寝たきり老人
紙おむつ支給
紙おむつ1ヶ月分100枚を限度として現物支給、または紙おむつの購入費用を月額3,000円を限度に支給。 町内に居住し住民基本台帳に記載されている65歳以上の老人で、介護保険法の要介護認定を受けている者で、常時紙おむつを使用する在宅老人を対象とする。(介護保険の第2号被保険者で特定疾病により要介護認定を受けている者を含む。)
在宅寝たきり老人
介護手当支給
支給金額月額7,500円を8月、12月、4月の年3回、各4ヶ月分をまとめて支給。 在宅寝たきり老人とは、65歳以上の者で介護保険法の要介護認定において要介護3から要介護5の認定を受けており、日常生活動作のうち全介助等を要する状態の者、または要介護認定調査の際の認知症高齢者の日常生活自立度が3以上の者を居宅において3ヶ月以上継続して常時介護している方
介護用品支給 介護用品(紙おむつ・尿取りパッド・使い捨て手袋・清拭剤・ドライシャンプー等)を年額10万円を限度に支給する。 重度(要介護4・5)で町民税非課税世帯の在宅高齢者
その他 緊急通報装置の設置 通報装置を所持することにより、緊急の場合ボタンを押すだけで受信センターに通報できる。また受信センターからは月2回安否確認を行う。
所得税非課税世帯
月額500円
所得税課税世帯
月額1,000円
概ね65歳以上のひとり暮らしの高齢者、高齢者のみの世帯等