ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健福祉課 > 子ども医療費助成について

子ども医療費助成について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年10月19日更新

久万高原町では、子どもの保健の向上と福祉の増進を図ることを目的に、町内に住む0歳から15歳(中学校卒業前)の子どもが受診したときの医療費の一部を助成しています。

助成対象者

久万高原町に住所のある0歳から15歳(中学校修了前)の子ども。

※医療保険未加入者、生活保護法による保護を受けている方は対象になりません。
※3歳以上で他の医療費助成を受ける資格のあるお子さんは対象になりません。

申請に必要なもの

・健康保険証
※お子さまの氏名が記載されているもの。
※カードの場合は、保護者と子それぞれの保険証をお持ちください。
・認印

助成の方法

県内の医療機関を受診する場合

受診した医療機関等の窓口で、健康保険証と医療費受給資格証を提示してください。
健康保険対象の医療費の一部負担金については、窓口での負担がありません。

県外の医療機関を受診する場合

県外の医療機関では医療費受給資格証が使用できませんので、医療機関の窓口で一部負担金を支払った後、子ども医療費請求書に医療機関の証明を受け、役場で払い戻しの申請をしてください。

※医療費または点数の明細が記載されている領収書であれば、証明の代わりとなります。

払戻しの申請に必要なもの

・子ども医療費請求書(月毎に医療機関の証明が必要です。)
・領収書
・認印
・振込先のわかる通帳、キャッシュカード等(受給資格者本人のもの)

※請求書の医療機関の証明は、医療機関ごと、入院・外来別、1ヶ月単位で必要です。(医療費または点数の明細が記載されている領収書であれば、証明の代わりとなります。)
※県内外いずれの場合も、保険適用外の費用、入院中の食事代は除きます。

次のような場合は届出を

 子どもの加入する健康保険証、住所、氏名などに変更が生じた場合。
 必要なもの・・・受給資格証、健康保険証、認印

受給資格証を紛失・破損・汚損したときは再交付を受けてください

必要なもの・・・健康保険証、認印、紛失を除き受給資格証