ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 面河山岳博物館 > イベント > 夜の講座 > 面河山岳博物館 夜の講座

面河山岳博物館 夜の講座

印刷用ページを表示する掲載日:2018年2月4日更新

面河山岳博物館 夜の講座

 平日の夜、仕事帰りや夕食後の空いた時間に、気軽に地域の自然科学を学んでもらう機会として、夜7時からの60分間という比較的短時間の講演会を実施しています。

 内容は久万高原町や石鎚山系、愛媛県といった地元の範囲に限った生物に関する話題が中心です。講師は当館学芸員が担当することもありますが、より幅広い話題を提供するため、主に県内の若手研究者や博物館職員、大学教員などに登壇してもらっています。

 一般の方がなかなか情報を得ることができない、地域の自然史研究成果について学ぶ絶好の機会です。


平成29年度の夜の講座一覧

日 時

内 容

場 所

参加人数

講師

4月26日

四国のツキノワグマ

産業文化会館研修室

48

山田孝樹
(認定NPO法人四国自然史科学研究センター研究員)

5月11日

愛媛の外来哺乳類・鳥類

産業文化会館研修室

39

山本貴仁
(NPO法人西条自然学校理事長)

6月15日

木の香りと人のくらし

まちなか交流館

33

中川美幸
(愛媛県林業研究センター研究員)

9月29日

コケの話

産業文化会館研修室

56

小島裕美
(蘚苔類学会会員)

10月27日

愛媛と久万高原のキノコ

面河住民センター

39

小林真吾
(愛媛県総合科学博物館学芸員)

11月29日

久万高原のスズメバチ食文化

久万高原駅やまなみ

54

面河山岳博物館学芸員

 

合 計

 

269