ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 住民課 > 令和4年度から始まりました!高齢者のこころとからだの健康をみんなで支えます!

令和4年度から始まりました!高齢者のこころとからだの健康をみんなで支えます!

高齢者の保健事業と介護予防事業の一体的実施について

 町では、年齢とともに筋力の低下や認知機能が低下し、介護が必要になる危険性が高い状態、つまり介護が必要になる一歩手前の状態である「フレイル」を予防して、健康寿命を延ばし、社会保障制度の安定を図ろうと取り組んでいます。

(1)医療専門職(保健師等)が医療や介護データや、健診結果などから地域の健康課題を把握します。

(2)保健師・管理栄養士等が自宅や通いの場等へ訪問し、低栄養や運動など、フレイルにつながらないように支援します。また、医療機関の協力を得て、糖尿病性腎症や高血圧等について、健診結果で重症化予防に該当する方は受診勧奨や予防プログラムに沿った支援を行い、人工透析への移行や脳卒中を予防します。

(3)サロン活動などの通いの場を活用したフレイル予防の啓発や健康相談を、地域包括支援センター・社会福祉協議会等とも協力して行います。

 ご高齢のみなさんが、自分らしく希望する暮らしを続けるために、こころやからだの健康を守ることが重要です。健診や健康相談などの保健事業や、百歳体操などの介護予防事業の参加には、周囲のみなさんの声かけやお手伝いも非常に助けになります。年齢を問わず、ぜひご参加ください。