ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町立久万美術館 > 展覧会 > コレクション展 > 2021年度久万美コレクション展2-1
イベント・出版

2021年度久万美コレクション展2-1

新収蔵 河村元泰コレクション

鳥海青児.ベナレスの階段鳥海青児《ベナレスの階段》

北川民次.胡蝶蘭北川民次《胡蝶蘭》

十三代今泉今右衛門十三代今泉今右衛門《色絵吹墨薔薇文花瓶》

※新型コロナウイルス感染防止対策のため、マスクの着用、手指の消毒、検温にご協力ください。
※展覧会の会期は、新型コロナウイルスの影響により変更になる可能性があります。

趣 旨

昨年、京都市の河村元泰氏から絵画30点、陶磁器15点の寄贈を受けました。河村夫妻が一つずつ、慈しみながら集めたコレクション。「散逸させたくない」と、かつて訪れた久万美術館を思い起こし、寄贈に踏み切ってくれたのです。鳥海青児、脇田和ら。かつて、井部栄治氏から贈られた画家も含まれています。井部氏は「人間には美がなくてはならない。美があるからこそ人生に潤いができる」と言いました。河村氏も、そう思っているに違いありません。さらに、コレクションを社会のために役立てたい、という想いも共通しています。寄贈作品を「河村元泰コレクション」という名称で収蔵しました。今後、社会に活用するのが久万美術館の使命だと受け止めています。

このたび、前後期に分けて公開いたします。どうぞ、ご高覧ください。

​基本情報

展示

鳥海青児《ベナレスの階段》

北川民次《胡蝶蘭》

十三代今泉今右衛門《色絵吹墨薔薇文花瓶》など

 

※下記作品のほかに、村山槐多《裸婦》などの収蔵作品を展示します。

会期

前期:2022年2月5日(土曜日)~3月13日(日曜日)

後期:2022年3月19日(土曜日)~5月22日(日曜日)

 

開館時間

9時30分~17時00分 (入館は16時30分まで)

 

休館日

月曜日 (ただし3月21日は開館)、2月24日(木曜日)、3月15日(火曜日)~3月18日(金曜日)、3月22日(火曜日)、4月30日(土曜日)、5月6日(金曜日)

 

観覧料

一般 500(400)円
高大生 400(320)円
小中生 300(240)円

※( )内は20名以上の団体料金。
※高齢者(65歳以上)、障害者手帳(身体障害者手帳・精神保健福祉手帳・療育手帳など)ご提示の際は半額 。また、障害者手帳ご提示の場合、付添い1名も半額。

 

駐車場

45台(無料)