ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

文化財保護

1基本方針

 私たちのふるさと久万高原町の先人たちは、恵まれた自然の下、長い歴史の中で薫り高い文化をはぐくんできました。地域文化の創造の基盤となる貴重な文化財は、国指定史跡「上黒岩岩陰遺跡」をはじめ、全国に誇れる優れたものが数多く存在します。これらの文化財は、適切な保存と活用並びに新たな文化財調査を通じて、本町の歴史・文化に対する正しい理解を図るとともに住民の生活に心の安らぎや潤いのあるものにし、もって本町の活性化を目指します。

 本町の固有の地域資源である文化財を確実に後世に伝えるとともに、適切な方法による保存と活用に努めます。

2重点目標

 (1) 文化財所有者をはじめ住民の文化財に対する保護意識の高揚を図ります。

 (2) 地域住民や関係機関と協力し、文化財の環境整備に努めます。

 (3) 指定文化財の保存・伝承活動を支援します。

 (3) 文化財の調査研究、整理、展示・普及、公開・活用に努めます。

3重点施策

 (1) 文化財所有者等の文化財に対する保護管理意識の高揚

   ア 指定文化財の定期的な巡視活動の実施

   イ 文化財に対する啓発活動の実施

 (2) 地域住民や関係機関と連携した文化財防災対策の推進

   ア 耐震に問題のある国・県指定文化財に係る耐震化事業の実施

   イ 町指定文化財等に係る耐震診断等の検討

   ウ 災害発生時における連絡体制、通信体制及び支援体制の確立

 (3) 指定文化財の保存・伝承活動に対する支援

   ア 指定文化財の保存顕彰事業を行う文化財所有者等に対する財政支援

   イ 文化財保存団体が実施する活動に対する財政支援

 (4) 文化財の調査研究、収集・展示・普及、公開・活用

   ア 未指定文化財や埋蔵文化財の調査・研究及び記録簿の整備

   イ 歴史・民俗資料の調査、展示・普及

   ウ 指定文化財の適切な整備・活用方法の検討

 (5) 文化財保存活用地域計画の策定

   ア 文化財の保存・活用に関する目標や中長期的に取り組む具体的な内容を記載した「町文化財保存活用地域計画書」の策定

   イ 保存と活用の推進体制の推進