ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

学校給食

1基本方針

 「食育基本法」の趣旨を受け、栄養教諭を中心にして、栄養バランスのとれた食事の摂取、健全な食習慣の形成、食を通しての社会性の育成などの課題に取り組んでいきます。また、安全で安心な学校給食を提供することで、健全な人間形成に資する学校給食を目指していきます。

2重点目標

(1) 栄養バランスのとれた多様な学校給食を提供します。

(2) 学校給食を通して、心身の健全な発達を図ります。

(3) 家庭・地域との連携を図り、地域の食文化への理解を深めます。

(4) 調理環境を整え、安全で安心な給食の提供を目指します。

3重点施策

(1)栄養バランスのとれた多様な学校給食の提供

ア 米飯給食を主体とした、バランスのとれた給食の提供

イ 地域食材の活用による地域の特色を活かしたメニューの作成

(2)心身の健全な発達を目指す食育の推進

ア よい食習慣や食生活の知恵を身につけさせる。

イ 栄養教諭による給食指導、食に関する指導の実施

(3)調理環境の整備と安全・安心な給食の提供

ア 衛生や安全に一層の配慮をし、異物の混入を未然に防止する。

イ 食物アレルギーをもつ児童生徒への除去食の対応に努める。

ウ 地産地消の推進のための安全で安定的な食材の調達を図る。

エ 共同購入による経費節減で安価な給食を目指す。