ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 学校教育 > 上浮穴高校振興対策 > 上浮穴高等学校教育振興補助金について

上浮穴高等学校教育振興補助金について

生徒数確保にかかる通学費等補助

1 目的

 久万高原町の活性化と将来的な発展を図るため、地元上浮穴高等学校の生徒数を積極的に確保し、学校教育の振興を図るため財政的な支援を行う。

2 補助金の運用

 補助金は、生徒数を確保し、就学を容易にするために入学後の諸準備費及び通学費等の補助として運用する。

(1) 上浮穴高校入学準備金の補助

  1. 上浮穴高校入学後の諸準備等に必要な費用として生徒1人に対して70,000円を支給する。
  2. 対象者は、平成27年度以降の新入学生とする。但し、途中入学による入学生及び転入による入学生は対象としない。

(2) 遠距離で公共交通機関により通学する生徒

 (1) 対象者は、遠距離で就学が困難な上浮穴高等学校生徒とする。
 (2) 経費の算定については、最も合理的な通常の経路により公共機関を利用して通学する場合の運賃による。
  ア 交通機関利用距離が片道6キロメートル以上…補助金7割以内
  イ 距離の算定は、乗車停留所から下車停留所までとし、運行交通機関の算定による。
 (3) 上記(1)、(2)に該当する生徒で会長が認める特別な事由により、公共交通機関を利用しない場合の補助
    通学距離が6キロメートル以上・・・年額8,000円
    通学距離が12キロメートル以上・・・年額12,000円

(3) 遠距離で下宿を要する生徒

 下宿代の7割以内、但し、上限を月額30,000円とする。

(4) 遠距離で単車等通学生

  1. 単車購入時に20,000円の補助。但し、1回に限る。
  2. 自転車購入時に10,000円の補助。但し、1回に限る。
  3. 上記(2)の補助を受ける者が、特別な事由により(4)の?または?の補助を併用して受けようとする場合は、会長が認める場合のみ重複して補助を受けることができる。
  4. 自転車通学用ヘルメット購入時5,000円の補助。但し、1回に限る。  
  5. 上記?のヘルメット購入にあたり、購入価格が5,000円に満たない場合は、その購入価格を補助する。

3 支給手続き

(1) 申請及び請求

所定の申請書に、定期券・領収書等の写しを添えて学校に申請し、学校長を通じて振興会に申請及び請求する。ただし、入学準備金については、領収書等の添付は不要とする。

(2) 確認と決定

振興会会長は、申請及び請求があった場合には確認の上決定し、速やかに支給する。

(3) 支給方法

口座振込とする。但し、やむを得ない事情の場合は考慮する。

4 要領の改訂等

 その他必要な事情が生じた場合は、理事会で協議する。
 簡易な事項については会長の判断で処理する。

5 事務局の設置

 補助金支給にかかる事務局は、上浮穴高等学校に置く。

付則

  1. この要領は、平成18年4月1日入学生より施行する。
  2. この要領は、平成19年4月1日より施行する。
  3. この要領は、平成26年4月1日より施行する。
  4. この要領は、平成27年4月1日より施行する。
  5. この要領は、平成28年4月1日より施行する。