ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療 > 令和元年度 国民健康保険税

令和元年度 国民健康保険税

印刷用ページを表示する掲載日:2019年5月1日更新

課税の対象となる人

国民健康保険に加入している方がいる世帯の世帯主に課税されます。
世帯主が国保に加入していなくても、世帯の中に国民健康保険に加入している方がいる場合は世帯主が納付義務者になります。
40歳から64歳までの方は医療分・支援分に介護分が加算されます。

つぎの方法で計算した金額の合計額になります。

計算方法

医療分(医療給付費分)
項目 税率 計算式
所得割 9.5% (所得-330,000円)×9.5%
資産割 45.9% 固定資産税×45.9%
均等割 17,800円 加入人数×17,800円
平等割 21,000円 1世帯につき21,000円
限度額 610,000円 合計額が限度額を超える場合は限度額までの課税になります。
支援分(後期高齢者支援金分)
項目 税率 計算式
所得割 2.3% (所得-330,000円)×2.3%
資産割 6.5% 固定資産税×6.5%
均等割 5,700円 加入人数×5,700円
平等割 7,000円 1世帯につき7,000円
限度額 190,000円 合計額が限度額を超える場合は限度額までの課税になります。
介護分(介護納付金分:40歳~64歳までの方が対象)
項目 税率 計算式
所得割 1.2% (所得-330,000円)×1.2%
資産割 8.1% 固定資産税×8.1%
均等割 9,100円 加入人数×9,100円
平等割 4,800円 1世帯につき4,800円
限度額 160,000円 合計額が限度額を超える場合は限度額までの課税になります。