ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > まちづくり営業課 > 久万高原町オープンデータの取り組みについて

久万高原町オープンデータの取り組みについて

ページID:0015329印刷用ページを表示する2022年3月22日更新

久万高原町オープンデータの取り組み

 久万高原町では、町が保有する情報の活用の推進を図るため、平成30年10月からオープンデータを提供しています。

オープンデータとは

 オープンデータとは、行政が保有する公共データのうち、誰もがインターネット等を通じて容易に利用(加工、編集、再配布等)できるよう、以下のいずれにも該当する形で公開されたデータを指します。

  1. 営利目的、非営利目的を問わず二次利用可能なルールが適用されたもの
  2. 機械判読に適したもの
  3. 無償で利用できるもの

松山圏域オープンデータ共同公開

 久万高原町を含む松山圏域の6市町(松山市・伊予市・東温市・久万高原町・松前町・砥部町)では、連帯してオープンデータ共同公開の取り組みを行っています。松山圏域のオープンデータを公開することで、オープンデータの広域的な利活用により地域活性化や市町を超えた生活関連機能サービスの向上、広域圏でのさまざまな地域課題の解決につながることが期待されます。

松山圏域オープンデータ推進ガイドライン

 松山圏域のオープンデータは、平成30年2月26日に制定の下記ガイドラインに基づいて公開しています。

 詳しくは、松山圏域オープンデータの取り組み<外部リンク>のページをご覧ください。
 なお、久万高原町では、松山圏域オープンデータ推進ガイドラインを官民データ活用推進法に基づき、官民データ活用推進計画として位置づけています。

利用にあたっての注意事項等について

ライセンスについて

 公開しているデータのライセンスは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス<外部リンク>におけるCC-BY(表示)としています。
 公開データを利用する場合には、久万高原町のデータを利用している旨の表示をして頂ければ、商用も含めて自由にお使いいただけます。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

 本ページに公開しているデータの正確性を維持するよう努めておりますが、いかなる保障を行うものでもありません。
 公開しているデータを利用したことで生じたいかなる損害に関しても、本町はその責任を負いかねます。

各自治体オープンデータサイト

 松山圏域の各自治体がオープンデータを公開していますので、関連ページからご利用ください。

久万高原町オープンデータ

 久万高原町では、令和4年3月22日より、オープンデータを「久万高原町オープンデータカタログサイト」で公開しています。

 以下のページからご利用ください。

 

Get Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)