ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 面河山岳博物館 > 教育普及活動 > 最新のイベント > 【面河山岳博物館】企画展「愛媛と世界の珍虫・奇虫・美虫」開催のお知らせ

【面河山岳博物館】企画展「愛媛と世界の珍虫・奇虫・美虫」開催のお知らせ

企画展「愛媛と世界の珍虫・奇虫・美虫​」​開催について

面河山岳博物館では、7月22日(木・祝)から8月29日(水)の期間にて、企画展「愛媛と世界の珍虫・奇虫・美虫​」​を開催いたします。


企画展2021夏

企画展「愛媛と世界の珍虫・奇虫・美虫」チラシ [PDFファイル/251KB]

昆虫の所蔵標本数120万点を誇る愛媛大学ミュージアムから、標本箱100箱8,000点を超える資料が面河山岳博物館にやってきます!
世界の美しくも珍奇な昆虫、愛媛と石鎚山系の昆虫を多数展示します。


【概要】

​開催期間▶7月22日(木・祝)から8月29日(水)​まで
会場▶面河山岳博物館
   愛媛県上浮穴郡久万高原町若山650番地1
   Tel.0892-58-2130 Fax.0892-58-2136
開館時間▶ 9時30分~17時(入館は16時半まで)
観 覧 料▶ 一般300円 小中学生150円 
     ※団体(20名以上)、高齢者(65歳以上)、身障者等割引あり
休館日▶ 7月26日・8月2日・8月10日・8月16日・8月23日​
主 催▶ 久万高原町、面河山岳博物館
共 催▶ 国立大学法人愛媛大学
協 力▶ 愛媛大学ミュージアム
後 援▶愛媛県教育委員会、松山市教育委員会、伊予市教育委員会、
    東温市教育委員会、松前町教育委員会、砥部町教育委員会、久万高原町教育委員会

【展示内容】

◎世界の昆虫
  東南アジアや南米、アフリカ、ヨーロッパなどなど、世界中から集めた昆虫たちが大集合。
◎博物館の保存機能を見直そう
 分類学や保全生態学等の研究用標本としてだけでなく、博物館の標本は地域の自然を記録し伝えていくための重要な証拠標本でもある。標本から愛媛の過去の自然を掘り起こしてみましょう。
◎夏を代表する様々な昆虫の生態展示
 キリギリスやバッタ、ナナフシ、ミズカマキリなど多数の昆虫を飼育展示。カブトムシやミヤマクワガタ、ノコギリクワガタは大きな木箱の中で飼育するため、自由に触ることができます。


【関連イベント】

1.展示解説「むしのはなし」

○日時:8月1日(日)、15日(日) 13時00分~13時30分
○場所:面河山岳博物館
○講師:山岳博物館学芸員
○参加費:無料  ※ただし入館料が必要
○定員:15名
○対象:小学生以上

2.特別講演会(1)「知ってびっくり!昆虫の新種の見つけ方」※要予約※​

○日時:7月30日(金)19時00分~20時15分
○場所:久万高原町産業文化会館研修室
○講師:吉富博之さん(愛媛大学ミュージアム准教授)
○参加費:200円
○定員:30名

3.特別講演会(2)「どうしてこんなに種類が多い?寄生バチの多様な世界」※要予約※​

○日時:8月20日(金)19時00分~20時15分
○場所:久万高原町産業文化会館研修室
○講師:小西和彦さん(愛媛大学ミュージアム教授)
○参加費:200円
○定員:30名


お申し込み・お問合せ:面河山岳博物館
(Tel:0892-58-2130 Fax:0892-58-2136)

 

Get Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)