ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 農業戦略課 > 被災農林漁業者向け金融支援相談窓口(電話)の設置について

被災農林漁業者向け金融支援相談窓口(電話)の設置について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年8月1日更新

 農業・林業・漁業の分野で被災された場合に利用可能な制度資金や、償還条件の緩和制度の紹介などを行います。

 次の時間帯に電話によるご相談を受け付けています。

 

◎ 受付日・時間 (注)10月から、土・日曜日及び祝日を含む「毎日」から「平日」に変更になります。

    月~金曜日(平日)

    8時30分~17時15分

◎ 相談窓口電話番号(愛媛県 農林水産部 農業経済課 直通)

    089-912-2528 

 

■ 被災農林漁業者向けの主な制度資金

資 金 名

農林漁業セーフティネット資金

農林漁業施設資金

(災害復旧)

資金の使いみち

災害により被害を受けた経営の再建に必要な資金(運転資金)

災害を原因とする農林漁業施設の被害の復旧に必要な資金

貸付限度額

600万円

または、年間経営費等の3月12日

負担額の80%

または、1施設当たり300万円の

いずれか低い額

償還期限(据置)

10年(3年)

15年(3年)

貸付利率

0.2%

(当初5年間の無利子化措置あり)

0.2~0.3%

(当初5年間の無利子化措置あり)

融資機関

日本政策金融公庫

電話 農業 089-933-3371

   林業・漁業 086-232-3612

 ※1 資金の内容は、平成30年7月末現在のものです。

 ※2 これら資金を利用されるには、市町が発行するり災証明書が必要となります。

 

■ 上記のほかにも、次のような資金が利用できます。

資 金 名

貸付対象

資金使途

融資機関

農業経営基盤強化資金(スーパーL資金)

認定農業者

施設の復旧

公庫

農業近代化資金

認定農業者等

施設の復旧

公庫

JAバンクえひめ農業災害対策資金

組合員・准組合員

施設の復旧・運転資金等

各JA