ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健福祉課 > 平成31年度 久万こども園入園のご案内

平成31年度 久万こども園入園のご案内

印刷用ページを表示する掲載日:2018年11月19日更新

平成30年度から久万保育園は幼保連携型認定こども園へ移行しました

幼保連携型認定こども園とは、0歳から小学校入学前のお子さんの教育と保育を一体的に行う施設です。

教育の部  1号認定(定員10名)

3歳から小学校入学前までのお子さんの教育を行います。
定員を上回る申し込みがある場合は、園の入園基準により決定します。

保育の部  2・3号認定(定員80名)

保護者が仕事などにより家庭で保育をできない場合に、0歳から小学校入学前までのお子さんを保護者に代わって保育します。
定員を上回る申し込みがある場合は、必要度の高い順に受け入れます。

認定内容
認定区分 内  容 利用できる施設
1号認定 満3歳以上の小学校入学前の子どもであって、2号認定された子ども以外の子ども 認定子ども園(教育の部)
幼稚園
2号認定 満3歳以上の小学校入学前の子どもであって、保育を必要とする子ども 認定子ども園(保育の部)
3号認定 満3歳未満の子どもであって、保育を必要とする子ども 認定子ども園(保育の部)

 

認定区分一覧(教育の部)
認定区分 年齢早見表
1号認定 3歳児 平成27年4月2日生~平成28年4月1日生
4歳児 平成26年4月2日生~平成27年4月1日生
5歳児 平成25年4月2日生~平成26年4月1日生

 

認定区分一覧(保育の部)
認定区分 年齢早見表
3号認定 0歳児           平成30年4月2日生以降
1歳児 平成29年4月2日生~平成30年4月1日生
2歳児 平成28年4月2日生~平成29年4月1日生
2号認定 3歳児 平成27年4月2日生~平成28年4月1日生
4歳児 平成26年4月2日生~平成27年4月1日生
5歳児 平成25年4月2日生~平成26年4月1日生
*子どもが満3歳の誕生日を迎えた際には、支給認定区分を3号から2号に切り替えて、新たな「支給認定証」を発行します。

 

提出書類など(保育の部1~6 、教育の部2以外を提出)                     

  1. 施設型給付費・地域型保育給付費等支給認定(現況届)申請書兼利用申込書(入所児童1人つき1枚)
  2. 家庭で保育ができないことを証明する書類(入園資格決定書類)※1
  3. 祖父母の状況調べ
  4. 課税状況等を確認するために個人番号を利用します。(未申告の方は必ず申告を済ませておいてください。)新規に申請をする場合は、マイナンバーカード(通知カード)及び本人確認ができる運転免許証等(顔写真付きのもの)を持ってきてください。(情報連携できない場合は、課税証明書を提出していただく場合があります。)
  5. ひとり親家庭世帯については、「児童扶養手当受給者証」「ひとり親家庭医療費受給者証」「戸籍抄本」の写し、いずれかを提出
  6. その他 家庭の状況により必要な書類を求める場合があります。

 

※1 家庭で保育ができないことを証明する書類(入園資格決定書類)
保育を必要とする事由 具体的な保護者等の入所事由 保育時間(保育必要量) 保育の必要性を証する書類等
就労(居宅外労働・会社勤務・パート・自営業・農林業等) 1か月につき64時間以上120時間未満居宅外または居宅内において児童と離れて日常の家事以外の労働を常態としていること 短時間 就労証明書、祖父母の就労証明書(同居の場合添付)、自営業は事業を行っていることを証明する書類
1か月につき120時間以上居宅外または居宅内において児童と離れて日常の家事以外の労働を常態としていること
標準時間
妊娠・出産 出産予定日の2か月前の日から出産日以後8週を経過する日の翌日が属する月の月末までの期間内であること
標準時間
出産証明書(写)、母子健康手帳(写)、民生委員の証明書 
疾病・
障がい等
疾病にかかるかもしくは負傷していること、または身体あるいは精神に障がいを有すること 標準時間 医師の診断書、身体障害者手帳、療育手帳
介護・看護 病人または障がい者を介護していること 短時間 医師の診断書 ・ 申立書、介護保険被保険者証・療育手帳、身体障害者手帳 等
災害復旧 自宅及び近隣地内の災害の復旧にあたっていること
標準時間
民生委員の証明書、罹災証明書
求職活動 居宅外または居宅内において継続的に求職活動をしていること。
*90日を経過する日が属する月の月末までとする
短時間 求職カード、申立書、(就職後)就労証明書
就  学 1か月につき64時間以上120時間未満就学していること
短時間
学生証(写)
在学証明書
入学許可証
1か月につき120時間以上就学していること
標準時間
虐待・DVのおそれ 児童虐待または配偶者からの暴力等により、家庭での保育が困難であること
標準時間
配偶者からの暴力被害の保護に関する官公署による公文書(写)、申立書
育児休業 育児休業開始前に、既に入所している児童がおり、児童の発達上環境変化に注意する必要があること   就労証明書
その他 上記に掲げるもののほか、町長が認める状態にあること    

(注意)                     

  1. 集団生活を経験させたいなどの理由だけでは、入園できません。                                         
  2. 1か月を経過しても関係書類が未提出の場合、支給認定と入園選考ができないため、入園できない場合があります。

入園決定

家庭状況や提出書類の内容、久万こども園による面接などにより、入園基準に該当する場合に、保護者あてに入所承諾書を通知します。

受付期間

平成30年12月3日(月曜日)~平成31年1月31日(木曜日)役場開庁日                     
月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで

年度途中の申し込みは随時受け付けています。定員に余裕のある場合、入園できます。なお、入所は原則として毎月の初日からです。入園を希望する1か月前までに添付書類をそろえてお申し込みください。

書類の提出先
保育の部 役場保健福祉課
久万こども園(継続入園)
教育の部 久万こども園

保育施設利用負担額について(教育の部・保育の部)

保育施設利用負担額は、子どもの年齢や世帯の町民税額を基に、毎年4月に決定し、切替え時期は9月になります。

保育施設利用負担額の決定と切り替え時期
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
平成30年度の町民税額で算定 平成31年度の町民税額で算定

平成30年度 久万高原町保育施設利用負担額基準表 [PDFファイル/149KB]
                           
*保育施設利用料は、園の運営費に必要です。毎月指定する期日までに園へ納入してください。
                           

内容(保育の部)

久万こども園では、異年齢グループにわかれ、ゆったりとしたていねいな保育、兄弟グループによる家庭的な保育をしています。また、専任講師による体操や和太鼓などの指導、ボランティアによる地域の方との交流活動も行っています。

保育時間について

申し込み事由や就労などの状況によって、「保育標準時間」か「保育短時間」のいずれかに認定を受けます。

 

「保育標準時間」認定(保育時間11時間)

利用可能な11時間(7時00分~18時00分)

延長保育(18時00分~18時30分)

「保育短時間」認定(保育時間8時間)

延長保育

(7時00分~8時00分)

利用可能な8時間

(8時00分~16時00分)

 延長保育

(16時00分~18時00分)

延長保育

(18時00分~18時30分)

 

  • ご希望される保育時間が、認定されるとは限りません。
  • 延長保育については園へお問い合わせください。※改めて利用料が必要になります。

※教育の部の内容については、久万こども園に直接お問い合わせください。電話0892-21-0777

提出書類様式

 

久万こども園のホームページ<外部リンク> 

Get Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)