ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

予防接種一覧

印刷用ページを表示する2022年10月11日更新

新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンの接種について

原則として、新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは同時には接種できません。

互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。

 

予防接種制度の改正について

令和2年10月1日から、予防接種制度が一部変更されます。

 

<異なるワクチンの接種間隔の規定変更>

注射生ワクチンを接種した後に、次の注射生ワクチンを接種する場合は27日以上の間隔をあける必要があります。その他のワクチンの組合せについては、一律の日数制限は設けないことになりました。

詳しくはこちら! [PDFファイル/1月17日MB]

 

予防接種を受けましょう!

<インフルエンザ予防接種>

インフルエンザは、高熱・頭痛・関節痛・筋肉痛・全身倦怠感などの症状と、のどの痛み・鼻水・咳などの風邪のような症状が現れる感染症です。

風邪と比べると全身の症状が強く表れるのが特徴です。免疫力の弱い子どもや高齢の方、免疫力の低下している方は肺炎を伴うなど重症化する恐れがあります。

ワクチンを接種することで重症化するリスクを下げる効果があると言われています。

 

【高齢者のインフルエンザ定期予防接種】

高齢者に対するインフルエンザの予防接種は、予防接種法に定められた定期予防接種として、一部公費負担で接種を受けることができます。

◇対象者  久万高原町に住民登録があり、接種日に次の(1)または(2)に該当する方

      (1)65歳以上の方

      (2)60歳~64歳で、心臓、じん臓または呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する方(身体障害者手帳1級相当)

◇接種期間  令和4年10月15日から令和4年12月31日まで

◇接種回数  1回/年度

◇接種費用  1,000円

◇接種時に持っていくもの  健康保険証等(氏名・生年月日・住所が確認できるもの)

令和4年度高齢者のインフルエンザ定期予防接種のご案内 [PDFファイル/152KB]

 

【65歳未満の方のインフルエンザ予防接種費用の助成について(任意接種)】

◇助成対象者  接種日現在、久万高原町に住民登録のある65歳未満の方

◇助成回数  ・65歳以下の方、1回

         ・13歳未満の方、2回

        (令和3年度から13歳未満の方は2回補助を受けることができるようになりました)

◇助成対象となる接種期間  令和4年10月15日から令和5年3月31日まで

◇助成金額  接種1回につき、2,000円

       (※接種費用が2,000円に満たない場合は、支払った金額となります。)

令和4年度任意インフルエンザ予防接種のご案内 [PDFファイル/154KB]

 

【任意予防接種を町内の医療機関以外で接種する場合】

町内の医療機関以外で接種した場合、償還払いで助成します。

医療機関が請求する予防接種費用を窓口でお支払いした後、必要書類を揃えて久万保健センターへ申請してください。

◇申請に必要な書類等

  1. 任意予防接種費補助金交付申請書兼請求書(久万保健センターでもご記入いただけます)
  2. 医療機関が発行した予防接種名、被接種者名、接種費用等の内訳が明記された領収書の写し
  3. 予防接種済証または母子健康手帳(接種済みの表示のある箇所)の写し
  4. 振込口座がわかるもの
  5. 印鑑

◇申請期限  この予防接種を受けた日の属する年度の末日まで

任意予防接種費補助金交付申請書兼請求書 [PDFファイル/101KB]

【記入例】任意予防接種費補助金交付申請書兼請求書 [PDFファイル/139KB]

 

<おたふくかぜの任意予防接種>

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)は「ムンプスウイルス」に感染することにより発症し、発熱や耳の下からあごにかけて(耳下腺等)痛みを伴う腫れがでてきます。感染すると、脳炎や脳症などを併発し、難聴などの後遺症を残す場合があるため、ワクチンを接種し、発症や重症化の予防に努めましょう。久万高原町では、町内に住所を有する、平成31年4月1日以降接種された方に接種費用の一部を補助します。

◇ 補助対象となる接種年齢  1歳誕生日前日~小学校就学前まで

◇ 補 助 額   2,000円 (一人1回のみ)

詳しくはこちら! [PDFファイル]

任意予防接種費補助金交付申請書兼請求書 [PDFファイル/101KB]

【記入例】任意予防接種費補助金交付申請書兼請求書 [PDFファイル/128KB]

 

<風しん抗体検査・予防接種>

風しんの予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。しかし、公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、抗体保有率が他の世代に比べて低く(約80%)なっています。そのため、2025年3月31日まで、風しん抗体検査・予防接種を公費で受けられます。

詳しくはこちら! [PDFファイル/670KB]

 

<子どもの定期予防接種>

予防接種とは、ワクチン(病原体や毒素の力を弱めて作った薬液)を接種することで、免疫力をつけ、病気に対する抵抗力をつけて発病を予防したり、症状を軽くしたりする方法のことです。

•赤ちゃんはお母さんからいろいろな病気に対する免疫力をもらいますが、その免疫力は、生後8か月から12か月ごろまでに失われて行きます。そのため、赤ちゃん自身が免疫力をつけなければなりません。この免疫力をつけるのに役立つのが予防接種です。

•また、予防接種によって免疫をつけた人が多いほど、感染症の流行を抑えることができるので、社会全体の感染症予防にも役立ちます。

•自分自身や大切な家族の健康を守るため、また、他の人にうつさないためにも、予防接種をよく理解して受けましょう。

 

◇接種料金  無料

◇必要なもの 母子健康手帳、予防接種券、予診票

◇実施場所  県内委託医療機関 

※必ず予防接種を受ける医療機関へ事前に予約をしてください。

子どもの定期予防接種一覧 [PDFファイル/115KB]

長期療養特定疾病一覧[PDFファイル]

 

〇県外での接種を希望される場合

  里帰り出産や入院などの理由により県外での接種を希望される場合は、あらかじめ申請が必要です。申請をせずに接種した場合は、接種費用の払い戻しや健康被害の救済制度の対象となりませんのでご注意ください。必ず、保健センターへお問い合わせください。

県外で予防接種を受けられる方へ [PDFファイル]

 

<高齢者の肺炎球菌感染症予防接種>

◇肺炎球菌とは

肺炎球菌は主に気道の分泌物に含まれる細菌で、唾液などを通じて飛沫感染し、気管支炎や肺炎、敗血症などの重い合併症を引きおこすことがあります。肺炎は日本人の死因原因の第5位となっています。なかでも肺炎死亡者の約98%を65歳以上の高齢者が占めており、とくに注意が必要です。

また、肺炎は季節に関係なく、普段は元気に生活している人でも突然かかることのある病気で、その原因としてもっとも多いのが肺炎球菌という細菌です。免疫力は年齢とともに下がり、体調を崩すなどしてさらに免疫力が低下すると、もともと体内にいた肺炎球菌が肺炎を起こしやすくなります。

◇肺炎球菌ワクチン予防接種とは

肺炎球菌には、90種類以上の型がありますが、肺炎ワクチン接種により、そのうち23種類に対して免疫をつけることができ、肺炎球菌による肺炎の7割に効果があると言われています。接種後3週間で免疫ができ、効果持続期間は健康な成人で5年以上とされています。肺炎のすべてを予防するワクチンではありませんが、接種することによって、発症を予防したり、重症化防止などの効果が期待されます。

対象となる方は、希望に応じ4月1日から自己負担金4,000円で接種が受けられます!

※ なお、法改正に伴い、2017年度(平成29年度)対象だった方のうち、未接種の方にも再度お送りしています。

高齢者の肺炎球菌感染症予防接種をご希望の方へ [PDFファイル/235KB]

 

<高齢者の肺炎球菌感染症任意予防接種>

久万高原町では町内に住所を有する令和元年度~令和3年度の定期接種での接種機会を逃した方で、任意接種を希望する方に予防接種費用の一部を助成します。

費用の助成を受けられるのは、定期接種・任意接種あわせて生涯に1回限りです。対象となる方は希望に応じ、自己負担4,000円で接種が受けられます。

高齢者の肺炎球菌感染症任意予防接種のご案内 [PDFファイル/160KB]

 

 

 

Get Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)