ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 選挙管理委員会事務局 > 在外選挙制度における「出国時申請」について

在外選挙制度における「出国時申請」について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年7月19日更新
在外選挙制度とは、国外に居住する日本人が、在外選挙人名簿に登録されることにより、国政選挙の投票を国外でも行えるようにする制度です。
在外選挙人名簿への登録の申請については、これまで出国先の在外公館等において行うものに限られていましたが(在外公館申請)、平成30年6月1日より、国外に転出する前に国外への転出届を提出する際に町の窓口でも申請を行えるよう、制度の見直しが行われました(出国時申請)。


1.対象
・年齢満18歳以上の方
・日本国籍をお持ちの方
・久万高原町の選挙人名簿に登録されている方

2.申請期間
・国外への転出届の提出日から転出届に記載された転出予定日当日までの間
※平成30年6月1日以降に国外への転出届を提出された方が対象です。

3.申請時に持ってくるもの
・運転免許証やパスポート等の公的機関が発行する身分証明書
※代理人が申請する場合は、選挙管理委員会事務局までご相談ください。

4.その他
出国までに手続きができない場合や、出国後18歳となる場合などは、従来どおり、在外公館で手続きを行うことができます。
在外公館での投票の手続きも含め、詳しくは下記の外務省ホームページをご確認ください。

Get Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)