ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 面河山岳博物館 > イベント > 最新のイベント > 面河山岳博物館 第53回特別展「ときめく石きらめく虫~久万高原のお宝鉱物と世界の輝く昆虫~」

面河山岳博物館 第53回特別展「ときめく石きらめく虫~久万高原のお宝鉱物と世界の輝く昆虫~」

印刷用ページを表示する掲載日:2019年7月4日更新

面河山岳博物館 第53回特別展                                              「ときめく石きらめく虫~久万高原のお宝鉱物と世界の輝く昆虫~」​開催のお知らせ

1950年代後半から1990年頃まで、久万高原町(旧久万町)明神には安山岩の砕石場が複数ありました。

当時、高殿および槙野川地区では岩体中から多数の晶洞が見つかっており、沸石・魚眼石・方解石などの美しい鉱物が多産しました。国内の博物館に所蔵される沸石類コレクションには久万高原町産の標本が含まれていることが多く、その名は全国的に知られていました。しかし、現在、砕石に関わっていたごく一部の方々や鉱物の専門家、コレクター以外にはそのことはほとんど知られていません。

本特別展では久万高原から産出したこれらの美しい鉱物を一堂に展示します。

その美しさから私たちの暮らす地面がどのようにしてできたかという地史について、理解を深めてください。また、世界や久万高原に生息する美しく輝く昆虫類を同じ会場で展示します。

地学と昆虫学という全くの異分野を同時に楽しみ、標本の美や自然科学の面白さを存分に味わっていただければ幸いです。

概 要​

●期 間

令和元年7月20日(土)~9月1日(日) ※休館日は毎週月曜日、8月12日は臨時開館

●場 所

面河山岳博物館3階展示室(〒791-1710愛媛県上浮穴郡久万高原町若山650番地1)

●主 催

久万高原町、面河山岳博物館、愛媛新聞社 ※主催代表者:久万高原町長・面河山岳博物館長 河野忠康

●後 援

愛媛県、愛媛県教育委員会、松山市教育委員会、東温市教育委員会、伊予市教育委員会、松前町教育委員会、砥部町教育委員会、久万高原町教育委員会、NHK松山放送局、南海放送、テレビ愛媛、あいテレビ、愛媛朝日テレビ、愛媛CATV、FM愛媛

●協 力

愛媛県総合科学博物館、和歌山県立自然博物館、箕面公園昆虫館、伊丹市昆虫館、南日本自然史博物館、公益財団法人益富地学会館、愛媛石の会、構造色研究会、アース製薬(株)、(有)大宝砕石工業、中予砕石(株)、石橋 隆、宇都宮康博、景山寛司、木村英樹、丸山宗利、水舟淑朗、吉川明宏

●観覧料

一般450円(団体400円)、小中学生250円(団体200円)

※団体は20名以上

※高齢者(65歳以上)および身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の所持者(介添者1名を含む)は300円(小中学生の場合はその半額)

 

特別展チラシ表

特別展チラシ裏

 

チラシのダウンロードは下記からどうぞ。

面河山岳博物館 第53回特別展 「ときめく石きらめく虫 ~久万高原のお宝鉱物と世界の輝く昆虫~」チラシ [PDFファイル/2月04日MB]

 

◎本展のお問合せ先◎

面河山岳博物館  〒791-1710 愛媛県上浮穴郡久万高原町若山650番地1

(電話:0892-58-2130 ファックス:0892-58-2136)

事務担当者:矢野真志

 

皆さんのご来館をお待ちしています。

 

Get Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)