ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 面河山岳博物館 > イベント > 最新のイベント > 面河山岳博物館 夜の講座 「愛媛の外来生物」

面河山岳博物館 夜の講座 「愛媛の外来生物」

印刷用ページを表示する掲載日:2019年5月19日更新

夜の講座 「愛媛の外来生物」開催のお知らせ

外来生物とは、『元々その地域にはいなかったのに、人間活動によって外国や国内の他の地域から

持ち込まれた生物』をいいます。現在、日本に2000種を超す外来生物が生息しているといわれています。

そのうちアライグマやカミツキガメ、ウシガエルなど約150種が生態系、人の健康そして農林水産業に

重大な影響を及ぼす種として「特定外来生物」に指定されています。

この講座では愛媛県内で問題になっている代表的な外来生物について、その生態や生息状況、愛媛の自然や

私たちの生活への影響などをテーマに、分かりやすくお話しします。

知らない間に身近な存在になりつつある彼らについて学んでみましょう!

概 要

◎日 時:令和元年5月28日(火)19:00~20:15

◎場 所:久万高原町産業文化会館研修室(住所/上浮穴郡久万高原町久万188)

◎講 師:村上 裕さん(愛媛県生物多様性センター主任研究員)

◎参加費:100円

◎申 込:下記まで、氏名・住所・連絡先をお知らせください。

面河山岳博物館 電話:0892-58-2130 FAX:0892-58-2136

 

2019.0528.愛媛の外来生物

チラシのダウンロードは下記からどうぞ。

2019.0528.夜の講座「愛媛の外来生物」 [PDFファイル/608KB]

【内容】

・愛媛の特定外来生物について

・どんなところにすみ、何を食べる?

・私たちにどんな影響があるのか?

・これから入ってくるかもしれない種類

・外来生物を見つけたら? ほか

 

皆さんのご参加をお待ちしています。

 

Get Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)