ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 面河山岳博物館 > 教育普及活動 > 最新のイベント > 【面河山岳博物館】夜の講座 開催のお知らせ

【面河山岳博物館】夜の講座 開催のお知らせ

印刷用ページを表示する2021年10月8日更新

面河山岳博物館では、10月28日(木)に夜の講座「石鎚山はなぜ高い?石鎚山系の地学入門」を実施します。


夜の講座「石鎚山はなぜ高い?石鎚山系の地学入門」※要予約※​

この講座では西日本最高峰石鎚山がどのようにしてできあがったのか?について、日本列島や四国の誕生を絡めながら分かりやすくお話ししていただきます。
荒々しい岩の天狗岳、なだらかな瓶ヶ森など、誰でも知っている石鎚の山々に隠れたドラマを通して、地域の自然を知るまたとない機会です。

講座内容

○石鎚山の石はどんな石?
○むかし、石鎚に湖があった!?
○日本列島の誕生と石鎚火山
○中央構造線とは?
○なぜ、石鎚山は高くなった?
○登山のときにこの石を見よう!

◎日 時:令和3年10月28日(木)19時00分~20時15分
◎場 所:久万高原町産業文化会館研修室(久万高原町久万188)
◎講 師:千葉 昇さん(元愛媛県総合科学博物館学芸課長)
◎参加費:100円


〇お申し込み・お問合せ

下記まで、氏名・住所・連絡先をお知らせください。​

面河山岳博物館
(Tel:0892-58-2130 Fax:0892-58-2136)


夜の講座「石鎚山はなぜ高い?」チラシ1028

チラシのダウンロードはこちら↓から
R3夜の講座「石鎚山はなぜ高い?石鎚山系の地学入門」1028 [PDFファイル/251KB]


【注意事項】

★感染症拡大防止のため体調不良の場合は参加をご遠慮ください。

★マスク着用でご参加ください。

★新型コロナウイルスの影響や感染拡大防止にともなう国や県の方針により、急きょ中止となる場合があります。あらかじめご了承ください。

 

Get Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)