四国カルスト

四国カルスト

姫鶴平(めづるだいら)・五段高原(ごだんこうげん)・天狗高原(てんぐこうげん)
地芳峠より四国カルスト縦断線を約10分、少し急な曲りくねった道を走ると、広大なカルスト高原が眼前にひらけてきます。このカルスト高原は、秋吉台、平尾台と共に、日本三大カルストの一つとされ、標高が高いのが特徴で、西は大野ヶ原(西予市)から、東は鳥形山(高知県)まで延長25キロに及びます。ここでは毎年4月下旬から10月上旬にかけて、200頭をこえる放牧牛が、のんびりと草を食べながら生活しています。
一番東に位置する天狗高原(高知県)は、360℃のパノラマが広がる、標高1,000メートル〜1,484メートルの高原にあります。昼間は森林セラピーロードに認定された原生林の遊歩道で森林浴、夜は満天の星空を眺めて。今年の夏は四国カルスト高原をお楽しみください。
ただし、標高が高い分日差しが強いので紫外線対策が必要です。

 四国カルストMAP
四国カルストmap(香川大学作)
久万高原町のグリーン・ツーリズム推進協議会の活動の一環として香川大学経済学部の学生のみなさんに、四国カルストの資源調査に協力いただきました。
その際に作成
していただいたマップです。ダウンロードしてご使用ください。(PDFデータ)

作:
香川大学経済学部4回生
  高岡美恵さん、植野 彩さん、角南佐紀さん


姫鶴荘(めづるそう)
 
県立自然公園四国カルストの素晴らしい環境の中にある姫鶴荘はどなたでもお気軽にご利用いただける清潔で充実した簡易宿泊施設です。
姫鶴平の頂きにたたずむと、西日本一の霊峰石鎚山をはじめ四国山地が一望でき、晴れた日には遠く太平洋も望むことができます。また夜には満天の星空がそっと迎えてくれます。

宿泊料金
1泊2食付 (7,400円)
夕食をバーベキューにすると(7,900円)
ご予約・お問い合わせは
姫鶴荘 TEL0892−55−0057
ホームページ
http://www.yanadani-skk.jp/index.html
姫鶴荘コテージ
姫鶴荘コテージ寝室
写真:コテージの様子


猪伏の大トチ(いぶし
のおおとち)
猪伏の大トチ


幹周 6メートル26センチメートル
樹高 約30メートル 
樹齢 推定600年

「ケヤキ平」と呼ばれ、親しまれている四国カルスト高原の下に広がる天然林の中には、樹齢約200〜600年のトチノキやケヤキの巨木群、その周辺には苔むした岩やモミ、ツガの針葉樹、クマシデ、ブナの広葉樹等の大径木が多数樹立しています。
その中で一際目を引くのが『猪伏の大トチ』です。約600年もの間、厳しい環境に耐え続けた、その勇壮な姿は素晴らしい感動を与えてくれます。
また、大トチまでの遊歩道には『天空の湧水』と呼ばれる湧き水があり、まさに自然の宝庫と言っても過言ではありません。


四国カルスト方面へのアクセスマップ


大きな地図で見る



時間と体力のある方におススメ
八釜の甌穴群(やかまのおうけつぐん)

八釜の甌穴群 柳井川永野地区にある、仁淀川の支流黒川と小黒川の合流する位置にある、大小35個の甌穴群です。川幅25メートル、長さ65メートルの間に河床の硬質のフリント質角岩が渦流によって形成されたもので、最大のものは直径12メートル深さ12メートルにも達します。
「八釜」の名称は川の左岸に沿って列をなしている八個の甌穴群に由来しており、1952年に国の特別天然記念物に指定され、甌穴では唯一の指定地となっています。
アクセス
国道33号を経由して
四国カルストに向かう途中。
国道440号、八釜バス停留所のすぐ近くに案内看板が目印です!
八釜の甌穴群まで約1.2キロメートル。行き約20分、帰り約30分。
急傾斜地のため、足もとに注意してください。
八釜の甌穴群看板八釜バス亭

八釜バス停留所周辺のアクセスマップ

大きな地図で見る

お問い合わせは
愛媛県上浮穴郡久万高原町久万212番地
久万高原町役場企画観光課 TEL0892−21−1111