トップページへ戻る メールマガジン 久万高原町イメージキャラクターゆりぼう ふるさと納税 町長あいさつ・町勢要覧 YAHOO!官公庁オークション
 

暮らしの便利帳
届出・手続き 届出 / 国民健康保険 / 高齢者医療 / 国民年金 / 税金
福祉 子どもの手続き / 障害福祉 / 高齢者福祉 / 介護保険
保健センター 火災・緊急
生活・環境 ごみ / 美しいまちづくり / し尿の収集 / ペットの飼い方 / 上下水道 / 住宅 / 土地・道路 / 交通安全
教育・スポーツ・文化 学校 / 社会教育 / スポーツ / 文化
施設案内 スポーツ施設 / 集会施設 / 宿泊研修施設 / 福祉施設

公共施設の予約状況 
暮らしのカレンダー

ナビメニュー

暮らしの便利帳
防災マップ
観光・文化・イベント情報

KjSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
子ども医療費の助成
投稿者: 保健福祉課 掲載日: 2008/3/18 (7561 回閲覧)
平成22年4月1日から中学校卒業までの子どもの医療費を無料化します。 乳幼児の健康と健やかな育成を図るため、これまでも6歳就学前までの乳幼児が病院にかかったときの医療費の一部を助成してきましたが、平成22年4月1日からは、新たに6歳就学児から15歳中学校卒業前までの子どもが入通院した場合の医療費の一部も助成することとなりました。 新しい制度の名称は「久万高原町子ども医療費助成」制度と変更し、平成22年4月1日からの診療分からが対象です。

■助成対象者
久万高原町に住所のある0歳から15歳中学校修了前の子ども
(医療保険未加入者、生活保護法による保護を受けている方は対象になりません)
(3歳以上で他の医療費助成を受ける資格のあるお子さんは対象になりません)

■申請に必要なもの

○健康保険証
 (お子さまの氏名が記載されているもの。カードの場合は保護者と子それぞれの保険証をご持参ください。)

○認印

■助成の方法

<県内の医療機関を受診する場合>

 受診した医療機関等の窓口で、健康保険証と医療費受給資格証を提示してください。健康保険対象の医療費の一部負担金については、窓口での負担がありません。

<県外の医療機関を受診する場合>

県外の医療機関では医療費受給資格証が使用できませんので、医療機関の窓口で一部負担金を支払った後、子ども医療費請求書に医療機関の証明を受け(ただし、医療費または点数の明細が記載されている領収書であれば、証明の代わりとなります。)、役場で払戻しの申請をしてください。

【払戻しの申請に必要なもの】

 ?子ども医療費請求書 (*月毎に医療機関の証明が必要です。)

 ?領収書

 ?認印

 ?振込先(郵便局以外)のわかる通帳、キャッシュカード等(受給資格者本人のもの)

*請求書の医療機関の証明は、医療機関ごと、入院・外来別、1ヶ月単位で必要です。ただし、医療費または点数の明細が記載されている領収書であれば、証明の代わりとなります。

※県内外いずれの場合も、保険適用外の費用、入院中の食事代は除きます。

◆次のような場合は届出を
 子どもの加入する健康保険証、住所、氏名などに変更が生じた場合。
  (届出に必要なもの・・・受給資格証・健康保険証・認印)
◆受給資格証を紛失・破損・汚損したときは再交付を受けてください。
  (申請に必要なもの・・・健康保険証・認印・紛失を除き受給資格証)
  

  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信

リンクの取り扱いについて  著作権について  個人情報保護指針  セキュリティーポリシー  このサイトに対するご意見  お問い合わせ
久万高原町 〒791-1201 愛媛県上浮穴郡久万高原町久万212  TEL:0892-21-1111  FAX:0892-21-2860
Town Kumakougen All right reserved.