トップページへ戻る メールマガジン 久万高原町イメージキャラクターゆりぼう ふるさと納税 町長あいさつ・町勢要覧 YAHOO!官公庁オークション
 

暮らしの便利帳
届出・手続き 届出 / 国民健康保険 / 高齢者医療 / 国民年金 / 税金
福祉 子どもの手続き / 障害福祉 / 高齢者福祉 / 介護保険
保健センター 火災・緊急
生活・環境 ごみ / 美しいまちづくり / し尿の収集 / ペットの飼い方 / 上下水道 / 住宅 / 土地・道路 / 交通安全
教育・スポーツ・文化 学校 / 社会教育 / スポーツ / 文化
施設案内 スポーツ施設 / 集会施設 / 宿泊研修施設 / 福祉施設

公共施設の予約状況 
暮らしのカレンダー

ナビメニュー

暮らしの便利帳
防災マップ
観光・文化・イベント情報

KjSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
旧山中家住宅
投稿者: 教育委員会 掲載日: 2008/3/22 (6700 回閲覧)
旧山中家住宅



18世紀中期の入母屋造り茅ぶき屋根の古風なたたずまいを今に伝える山中家住宅は、宇摩郡別子山村にあったものを「岩陰文化の里」に指定された久万高原町が譲り受けて移築・保存しているもので、国の重要文化財に指定されています。


■年代
この民家の由緒や建築年代は、明らかではありませんが、細部手法から推定すると18世紀の中期から末期ごろに建てられたもののようです。

■間取り
建物は、桁行七間、梁間三間半の規模で、向かって左側に出入口を取っています。平面は、桁行に三分し、一番上手は「ざしき」、次に「いま」を取り、この2室の全面に縁側をつけ、一番下手は表側に「まえ」、裏に「おく」を取っています。間口一間半、奥行半間の土間を復原しています。土間が狭く、部屋を一列に並べる間取りは、山村民家によくありますが、この住宅はその特色が特に顕著です。

■構造
上屋・下屋からなり、周囲の下屋を取り囲んでいます。内部は、差鴨居が多く、壁は板壁になっています。小屋は扠首組と棟束を併用しています。



■開館時間

10:00〜17:00

■休館日

毎週月曜日、12月1日〜3月31日

■参観料

無料

■連絡先

久万高原町教育委員会 0892-21-0139

  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信

ページ移動
良く読まれた記事 上黒岩遺跡考古館
リンクの取り扱いについて  著作権について  個人情報保護指針  セキュリティーポリシー  このサイトに対するご意見  お問い合わせ
久万高原町 〒791-1201 愛媛県上浮穴郡久万高原町久万212  TEL:0892-21-1111  FAX:0892-21-2860
Town Kumakougen All right reserved.