トップページへ戻る メールマガジン 久万高原町イメージキャラクターゆりぼう ふるさと納税 町長あいさつ・町勢要覧 YAHOO!官公庁オークション
 

ナビメニュー

暮らしの便利帳
防災マップ
観光・文化・イベント情報

イベント・観光
イベント・観光 : 久万美コレクション展供峅莢箸虜粘と最後」を開催します
投稿者 : 総管理者 投稿日時: 2017-12-06 (94 ヒット)

絶筆と呼ばれる「最期」の作品。それは、画家の一生を締めくくるばかりでなく、画家の生死に迫る手掛かりになります。古茂田守介(1918−1960)の《芦ノ湖》(1960年制作)は、42歳という短い生涯を喘息で閉じる前、最後に行った写生旅行で描かれた作品で、守介の絶筆とされています。単純化された山々のフォルム、モノクロームの色調。そんな静謐さから、絶筆のもつ意味、死生観へと想いを巡らせても不思議ではありません。

画家が「最期」に描いた作品ではなく、描かれた人物、モデルが「最期」を迎えているというケースも多くあります。萬鉄五郎(1885−1927)の《T子像》(1926年制作)は、病魔と闘う我が子がモデルです。木下晋(1947−)《流浪供(1986年制作)は、実母に迫りくる死をリアルに描き上げています。これらの作品には描かれた人物の生涯、運命、生死はもちろん、画家自身の死生観も内包されているに違いありません。

村山槐多(1896−1919)や長谷川利行(1891−1940)のように、夭折した画家たちにとっては、短い生涯が画業の「最後」でした。晩年と区分されるような時期はありません。自らの人生と格闘しながら、独自の表現を追求しています。彼らの画業は、最初から、死と隣り合わせていたのです。

【会期】12月2日(土曜日)〜H30年4月15日(日曜日)

【開館時間】午前9時半〜午後5時

【休館日】月曜日・祝日の翌日

【問い合わせ】 久万美術館 電話 0892-21-2881

コレクション展チラシ(表)

コレクション展チラシ(裏)


印刷用ページ このニュースを友達に送る

リンクの取り扱いについて  著作権について  個人情報保護指針  セキュリティーポリシー  このサイトに対するご意見  お問い合わせ
久万高原町 〒791-1201 愛媛県上浮穴郡久万高原町久万212  TEL:0892-21-1111  FAX:0892-21-2860
Town Kumakougen All right reserved.