久万高原天体観測館
当館では夜空が暗く、星がよく見えます。いわゆる満天の星空です。
これは久万高原町の自然が 非常に豊かなことを示しているのです。
この昔から受け継がれた豊かな自然を守り皆様と共に共有します。


≪クイックガイド≫
★ブログはこちら
★一般観望会(どなたでも望遠鏡で観測できます)はこちら
★プラネタリウムはこちら

☆館内は無料Wi-Fiが利用可。天文台でタブレットに星図を出して星座探しができます。
☆65才以上の方や各種手帳等お持ちの方は50%割引となります。
☆松山ICから車で45分・三坂道路で道がまっすぐになりました。


English Guide

天体観測館外観

イラスト地図

〒791-1212 愛媛県上浮穴郡久万高原町下畑野川乙488番 TEL0892-41-0110
自動車のナビに登録されています。ご来館にはナビをご利用下さい。

プラネタリウム プラネタリウム 《プラネタリウム(ぷらねたりうむ)》年中開催
お昼に利用できます。
館内を真っ暗にして、機械で星空を投影します。
椅子に寝転がって星や星座の解説を聞きます。時間は約30分です。
詳細はこちら
天文台 天文台 《天文台(観望会)火・木・土曜日》年中開催
夜に利用できます。本物の星を見ます。
大きな望遠鏡があります。スタッフが操作をして星の解説をします。幼稚園さんからどなたでも気軽に星が見えます。約50分(予約制)です。
お電話でご予約下さい。 TEL 0892-41-0110
12:30〜17:00に受付します。(満席の場合あり)
詳細はこちら

国際宇宙ステーションを見よう(倉敷科学センター)
mojibake.gif
       since July 20, 1996  

天気予報のリンク 久万高原町のミュージアムリンク
週間・ピンポイント天気予報 町立久万美術館
気象衛星・アメダスの天気予報 面河山岳博物館
気象庁・可視光 ふるさと旅行村
高層大気(1500m)の気温予報  


2017年4月の観望会
  水色観望会日(クリック)  赤色:休館日
3/26 27 28 29 30 31 4/1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23 24 25 26 27 28 29
30 5/1 2 3 4 5 6
上弦:3日 満月:11日 下弦:19日 新月:26日

RSS Feed Widget

news

4/15 【イベントのご案内・宙(そら)ガールの観測会】
 四国初!女性限定観望会
 星の好きな女性のみで観測会や天体撮影会を開催します。
 講師も女性です。楽しくおしゃべりしながら観測しましょう。
 愛媛の宙ガールの皆様のご参加をお待ちしています。


日 時  平成29年5月27日(土)〜28日(日) 1泊2日
定 員  女性限定先着順15名(一眼デジタルカメラと取扱説明書を持参、貸出三脚あり)
参加費  9,800円(宿泊費1泊2食付、講習会、観望会、プラネ、記念写真、お茶会など)
講 師  武井咲予(星空公団・星のソムリエ、山梨県)

詳しくはこちら ★★★

4/15

【久万高原星空クラブの会員募集中!】

久万高原星空クラブでは毎月1回天体観測や撮影会を開催しています。
初心者でも参加できます。いろいろな天体観測に挑戦しましょう。
 年会費  1500円
 対 象  高校生以上
 活動内容 天体観測、天体写真撮影、講演会など
 問合わせ 久万高原天体観測館 Tel 0892-41-0110 藤田まで

<4月例会のお知らせ>
木星の観測と撮影を予定しています。コンデジ、スマホで撮影します。
4月22日(土)19:30から
4月23日(日)予備日 19:30から

4/15 【ご注意】
入り口工事中のため天文台すぐ下の第2駐車場をお使い下さい。
4/1

4月のカレンダー
【1日】アルデバラン食、水星が東方最大離角
【4日】上弦、晴明(太陽黄経が15°)
【8日】木星が衝(木星が見ごろです)
【11日】満月
【17日】春の土用の入り(太陽黄経が27°)
【19日】下弦
【20日】穀雨(太陽黄経が30°)
【26日】新月
【29日】昭和の日
【30日】金星が最大光度(明け方の東の空)

下旬からGWです。月明かりが無く天体観測や写真撮影に適します。
木星の縞模様、ガリレオ衛星を観望会で観察します。

3/1

【3月のカレンダー】
【3日】ひなまつり
【5日】啓蟄、上弦
【12日】満月
【17日】春の彼岸の入り
【19日】開館記念無料デー
【20日】春分の日(太陽黄経が0度)
【21日】下弦
【28日】新月

西の空は冬の星座が、東の空は春の星座が見えています。
冬の復習、春の予習をしましょう。
19日は開館記念プラネタリウム無料デーですので、ぜひご利用ください。

2/4

【2月のカレンダー】
【3日】節分
【4日】立春(太陽黄経が315度)・上弦
【11日】建国記念の日・満月
【14日】おとめ座γ星の食
【17日】金星が最大光度 -4.6等
【18日】雨水(太陽黄経が330度)
【19日】下弦
【26日】満月

2月はりゅうこつ座のカノープスが見やすい時期です。
21時ころ南の低空に見える一等星です。
見ると長生きすると言われる伝説があります。
天文台の近所で見ることができます。

1/21

【イベント・2月のミュージアムカフェのご案内】

「食卓の植物」〜オリジナル七味をつくって久万高原野菜のおでんをたべよう〜
とき  2017年2月12日(日) 15:00-16:30
場所 道の駅さんさんレストラン
講師 松井宏光先生(愛媛」植物研究会会長、NPO森からつづく道代表)
費用 1000円(年間入館証持参の場合800円)
    おでん3品、フリードリンク付き、作った七味はお持ち帰りできます。
定員 36名申し込み先 町立久万美術館 Tel 0892-21-2881 Fax 0892-21-1954

*皆様のご参加をお待ちしています。

1/11

【イベントのご案内・空席のお知らせ】
ミュージアムカフェのご案内です。空席がございます。
ミュージアムカフェは学芸員と皆様との合同学習会で、お茶でも飲みながらお話を聞いていただく企画です。

日時 2017年1月14日(土)15:00から16:20
場所 まちなか交流館
料金 500円(ドリンク付き)3館パスポートご持参の方は200円引き
定員 30名(小学生以上)
予約 久万美術館 0892-21-2881
今回は「危ない!」と思われるものを準備いたしました。
「危ない星?ブラックホールのABC」 久万高原天体観測館 藤田康英
「身近なあぶない生き物」 面河山岳博物館 矢野真志

皆様のご来場をお待ちしています。
ミュージアムカフェ

12/28 年末年始の休館のお知らせです。
12月29日から1月3日まで休館となります。
新年は1月4日より開館いたします。

本年はお世話になりました。
新年もよろしくお願いいたします。
ところで1月3日夜は「しぶんぎ座流星群」です。
天文台敷地およびグラウンドは利用可能ですので
写真撮影などご利用ください。

スタッフ一同
12/28 2017年1月のカレンダー
【1日】元旦
【2日】月と金星が接近(夕方西の空)
【3日】しぶんぎ座流星群が23時極大(条件:最高)
【5日】小寒(太陽黄経が285度)
【6日】上弦
【9日】成人の日
【9〜10日】ヒヤデス星団とアルデバラン(おうし座)の星食
【12日】満月、金星が東方最大離角
【17日】冬の土用の入り(太陽黄経が297度)
【19日】水星が西方最大離角
【20日】大寒(太陽黄経が300度)、下弦
【28日】新月
12/01 12月のカレンダー
【7日】大雪(太陽黄経が255度)、上弦
【11日】水星が東方最大離角
【14日】ふたご座流星群が極大(条件最悪)、満月
【21日】冬至(太陽黄経が270度)、下弦
【23日】天皇誕生日
【29日】新月
今年はふたご座流星群が満月に当たってしまいました。
条件は最悪ですが少しだけでも空を見上げてみましょう。
10/27 11月のカレンダー
【3日】文化の日
【6日】おうし座南流星群が極大・予想HR=5(1時間に5個)
【7日】立冬(太陽黄経が225度)、満月
【8日】上弦
【14日】満月
【17日】しし座流星群ですがほぼ満月のため見えないでしょう。
【21日】下弦
【22日】小雪(太陽黄経が240°)
【23日】勤労感謝の日
【29日】新月
14日が今年のスーパームーンになりますが天文学的意味はありません。
10月16日の満月と11月14日の満月はほとんど同じ大きさです。10月の満月より0.9%直径が大きい程度です。
10/12

10月のカレンダー
【1日】新月
【8日】寒露(太陽黄経が195°)
【8日】10月りゅう座流星群極大(21時)
【9日】上弦
【10日】体育の日
【13日】十三夜、後の月、栗名月と呼ばれるお月見の日です
【16日】天王星が衝
【16日】満月
【22日】オリオン座流星群が極大(条件悪)
【23日】霜降(太陽黄経が210°)
【23日】下弦
【30日】金星と土星の接近
【31日】新月

9月の中秋の名月は天候が悪く見ることができませんでした。
10月13日は十三夜、後の月、栗名月と呼ばれるお月見の日です。
晴れたらお月見をしましょう。

9/13 9月18日14:30のプラネタリウムはイベント(講演会)のため中止となります。
ご協力をお願いします。
8/19

【イベントのお知らせ】
9月18日、「星の講演会 in 久万高原」を開催します。
講師は国立天文台天文情報センター広報室長・山岡均准教授です。
テーマは「ブラックホールと重力波」、最新科学を勉強するチャンスです。
皆様のご参加をお待ちしています。
山岡均

9/3

9月のカレンダー
【1日】新月
【3日】海王星が衝
【7日】白露(太陽黄経165°)
【9日】上弦
【15日】中秋の名月
【17日】満月(半影月食20:46)
【18日】「星の講演会」ブラックホールと重力波14:00
【19日】敬老の日
【22日】秋分の日(太陽黄経180°)
【23日】下弦
【29日】水星が西方最大離角

15日は中秋の名月です。小型望遠鏡や双眼鏡でもよく見えます。
18日は星の講演会です。ブラックホールと重力波のお話があります。

8/7 今年も開催中!「めざせ!ミュージアムマスター!」
久万美術館、山岳博物館、天体観測館をめぐるスタンプラリーです。
スタンプ用紙は各館にございます。ご参加ください。
【今年の豪華景品は3館年間フリーパスです】
ミュージアムマスター
8/3

8月のカレンダー
【3日】新月
【7日】立秋(暦のうえでは秋になります)
【9日】伝統的七夕
【11日】山の日・上弦
【11,12,13日】ペルセウス座流星群
【17日】水星が東方最大離角
【18日】満月
【23日】処暑
【25日】下弦
【26日】火星・土星の接近
【27日】金星・水星の接近
【28日】金星・木星の接近
【31日】二百十日

夏の流星群、ペルセウス座流星群に注目です。

7/23 【イベント】ペルセウス座流星群観望会
日 時   2016年8月12日 22:30〜25:30(受付21:30から)
料 金   大人200円、高校生以下100円(資料代含む)
場 所   久万高原ふるさと村・多目的グラウンド(天体観測館のすぐ下)
予 約   お電話でお申し込みください
その他   雨天・曇天時は中止となります。16時に決定します。
懐中電灯、虫よけスプレー、シートをご持参ください。
問合せ  久万高原天体観測館 Tel 0892-41-0110

チラシはこちら(PDFファイル)
7/6 新小惑星の命名について
208499 Shokasonjuku 松下村塾
発見   2001年11月17日
命名公表 2016年 6月20日
説明   世界文化遺産
が誕生しました。
小惑星
7/5 会員向け星空クラブは7月17日(土)21:00から開始します。
天候が悪い場合は18日(日)20:30に順延します。
土星や月を観察と撮影を行います。
7/1

7月のカレンダー
【1日】半夏生(太陽黄経が100度)
【4日】新月
【7日】小夏(太陽黄経が105度)
【12日】上弦
【18日】海の日
【19日】土用の入り(太陽黄経が117度)
【20日】満月
【22日】大暑(太陽黄経が120度)
【27日】下弦

ただいま土星が見ごろです。
土星の近くの火星やアンタレスもご覧ください。

6/25

<7月イベントのお知らせ>
2016七夕コンサート in 久万高原
「即興ピアニスト 中谷幸代・星とピアノの物語」
〜星に願いを込めて〜

7月10日(日)
13:00開場、13:30開演
大人1000円、小人500円
定員 50名
ご予約は久万高原天体観測館まで
TEL 0892-41-0110
Facebook イベントページ (詳細および予約専用メールがあります)

皆様のお越しをお待ちしています。

コンサート

6/8 【お知らせ】
6月12日(日)のプラネタリウム14:30の回はイベントのためお休みします。
よろしくお願いします。
6/5

6月のカレンダー
【3日】土星が衝
【5日】新月、芒種(太陽黄経が75度)、水星が西方最大離角
【10日】入梅(太陽黄経が80度)
【12日】上弦
【20日】満月
【21日】夏至(太陽黄経が90度)
【28日】下弦

火星と土星のシーズンです。火星は梅雨入り前までがおすすめです。
梅雨明けの頃は小さくなります。

5/28 火星が5/31に地球に準大接近(大接近よりは遠い)になります。
梅雨入り前に観望会にご参加ください。次回は2018年夏に接近します。
5/22 イベントのお知らせ
「星の講演会」6月12日(日) 14:00〜
演題「X線で見た宇宙」 愛媛大学宇宙進化研究センター長 粟木久光先生
大人500円、小人無料
お申し込みは久万高原天体観測館まで。Tel 0892-41-0110
チラシはこちら ・JPEGファイル ・PDFファイル

≪今後のイベント≫
06/12 星の講演会(受付中)
07/10 七夕コンサート(受付中)
08/12 ペルセウス座流星群観望会(予定)
10月  星の講演会(予定)



 starweek.jpg